--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-) 

    2016

10.06

みのりちゃんがつなぐご縁

minori_cover_02-B2.jpg

8月の末、朝日新聞で『みのり』が紹介されました。
記事は子どもの事故死や突然死を取り上げたシリーズもののある1回。
意外に多い誤嚥事故の一例としてみのりちゃんのことが載っています。

記事には本のことは出ていますが、
シリトリアで制作させていただいたことは出ていません。

ところが、掲載された翌日、シリトリアに電話がありました。
記事をお読みになったMさんは、
どうしても『みのり』を読みたいと思い、新聞社に電話して
制作会社を教えてもらったのだそうです。

記事になることも知らなかったわたしたちはちょっとびっくりました。

『みのり』は販売している商品ではないので
みのりちゃんのご家族のご了解を得なければなりません。

今回、ご家族が快く了承してくださったので
Mさんに1冊お送りすることができました。

ご自身が高齢のお母さまの喀痰吸引をされていることから
この本に興味を持たれたと思われるMさん。
お読みになったら、感想を聞かせていただくことになっています。

これも、みのりちゃんがつないでくれたご縁。
ほんとうに、いろいろなところに
「みのり参上!」を感じます。

スポンサーサイト

しりとりあんトラックバック:(0)  コメント:(0) 

    2016

08.23

税金還付!

fukunek.jpg


残暑と台風のお見舞いを申し上げます。

わたしたちシリトリア、1月決算です。
したがって、税務申告は3月末までに行わなくてはなりません。

今年もメンバー3人でうんうんうなりながら、やっと書類を書き上げ、
銀行から税金を振り込みました。

やれやれと思っていたら、数ヶ月後、税務署からお電話が…。
わたしたちの提出した書類にはあれやこれやの間違いがあったとのこと。
別の日に、訂正用のはんこを持って説明を聞きにうかがいました。

税務署って、嫌がられたり、怖がられたりしていますが、
悪知恵も、ごまかすほどの申告額もない身としては
全然怖くはありません。

親切にあれこれ教えていただきながら、書類を書き直し、
ほんの少しの税金が戻ってくることになりました。

そして、待つこと2ヶ月。
先日、やっと4000円あまりが振り込まれたのですが、
まず、書留が来て、次に端数分の振込通知が来て、
次にやっと本体の振込通知が来るのです。

税務署にしたら、ほんの少しの徴税に、
こんなに手間とお金(郵便は無料なのかもしれませんが)をかけさせる
シリトリアこそ怖い存在かも、と思ったりしています。

ごめんなさい。次回は間違わないようにがんばります!


しりとりあんトラックバック:(0)  コメント:(0) 

    2016

07.22

外に出てみれば。

PP13_F33.jpg

先月、久しぶりにビジネス交流会に参加しました。
ある団体が主催した、シニアマーケットで何らかのビジネスを展開している
企業や団体や個人が集まって情報交換し、
コラボレーションの可能性を探るというような目的の会です。

どちらかというと、知らない人と会うのは苦手なわたしと、
積極的に人の間に入っていけるメンバーAと2人で参加。

ビジネスの婚活、お見合いパーティーみたいなものですよね。
自己紹介後のフリータイムに、興味を持った人にアプローチして
名刺交換、資料をお渡しして、お互いの接点を探します。

そういうとき、上手に話をつなげなくて、
すぐうろうろしてしまうわたしですが、
メンバーAの活躍ぶりは素晴らしく、
早速、後日もっと時間をとって詳しいお話をしましょうという方を
二人も見つけ出しました。

それぞれ、その後メールやミーティングをしてご縁をつないでいます。
おかげさまで、新しい視点を示してもらって、
目からうろこが数枚落ちました。

たとえ直接わたしたちのビジネスにつながらなくても、
たまには外に出て、新しい刺激を受けることは大切なことですね。

固まらない、柔らかな心を忘れないようにしなくては、と思った経験でした。



しりとりあんトラックバック:(0)  コメント:(0) 

    2016

03.25

聞いてもらう効用。

cerezo2016.jpg


わたしたち、シリトリアは「人の話を聴く会社」です。

この仕事をしていて、うれしいのは
「聴いてもらってよかった」と言っていただくこと。

自分の経験を振り返っても、
心の中にあるものを「人に話す」ことにはいくつかの効用があります。

まず、言葉に出すことで、気持ちや考えの整理ができます。
ぼんやりしていたものがはっきりしてきたり、
あらためて自分の気持ちに気づたりすることもあります。

同時に、ちょっと距離を置いて自分を見直すことができます。
客観視ってやつですね。
そうすることで、今まで見えなかったものが見えてきたりもします。

さらに、心の中のものを吐き出して、誰かと共有することで
気持ちが楽になります。
どんな思いも、状況も、一人で抱え込むのは大変ですから。

シリトリアでは「聴いて」「残す」ことを仕事にしていますので、
もしあなたが、誰かに話を聴いてほしいと思ったり、
自分以外の人の歴史や思いを形に残したいと思ったら、
ぜひ、わたしたちにお手伝いさせてください。

しりとりあんトラックバック:(0)  コメント:(0) 

    2016

02.09

光の館に泊りました。

YY天井


新潟県で3年に一度開催される『大地の芸術祭』の一作品として
2000年に建てられたのが「光の館」です。

越後妻有地域の伝統的な家屋をモデルに、ジェームス・タレルが制作しました。

天井の開口部とライト、随所にはめ込まれた光ファイバーによって
光や色が時々刻々変わっていく幻想的な体験ができます。

タレルの制作の背後にあるのは谷崎潤一郎の『陰翳礼賛』だとか。
文明の発達によってわたしたちが失いつつある陰翳の世界をベースに
外光と室内の光を関連づけて生活できる空間がつくられました。

写真はメインルームの天井の光の変化を撮ったもの(下手ですが)。

特にお風呂は素晴らしく、お湯につかった体が白く発光するみたいに見えます。
手で水面に波をつくると、夜光虫のような光の粒がきらきらと広がります。
あ〜、すてきな体験だった〜。泊まれてうれしかった!

翌朝の旧正月のご来光もすてきでした。
image3.jpg

でも、あくまで「ハレ」の宿泊。
うちに帰って、普通に明るい、普通のキッチンやお風呂に
ほっとしたのもほんとです。

しりとりあんトラックバック:(0)  コメント:(0) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。