--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック:(-)  コメント:(-) 

    2016

06.08

募金箱の不思議

bokin.jpg

地元鎌倉で、湘南弦楽合奏団という
アマチュアの音楽団体に所属しています。

所属してるっていうか、
学生時代に、自分たちで立ち上げた〝素人音楽寄合〝なんですけどね。
(結成当時は、おこがましくて合奏団なんて名乗れなくて、
本当にこう呼んでました。
余談ながら、今でも団内でのコールサインは「寄合」です)

なんやかんやでそれでも30年以上続けてきて、
先月末に第54回の定期演奏会を開きました。
創立メンバーの私はとっくにステージに乗ることから足を洗い、
もっぱら裏方スタッフ。
お客様を迎える受付の親玉みたいな仕事をしているんですが、
今回はその受付、チケット販売の窓口で、
熊本地震の募金箱を置くことにしました。

集まったお金は、できるだけ敏速に、
被災された方の生活物資の購入などに役立てていただけるようにと、
大きな組織ではなく、熊本県内で救援活動をされている
任意団体に送ることに決めました。

演奏会の入場券は900円です。Webなどの優待券なら700円。
どちらにせよ、受付では圧倒的にみなさん、千円札を出されます。
お釣りの100円玉を受け取って、ふと脇を見たら募金箱がある。
入れたくなるよねー、よしよし我ながらいいアイデア!

ところがいざフタを開けてみると、
これがなかなか思うように募金は集まらないんですわ。
チケットを受け取ったら即入場したい!のか、
スルーするお客様がほとんど。
募金箱を置いてる場所がイマイチなのかしらと、
休憩時間には別の場所に移動させたり、
終演後も、アンケート箱の脇に置いてみたり。
でも効果は思うほど上がらない。

くまモンの登録商標の申請までして、
かわいい募金箱までわざわざ作ったけど、
今回は申し訳ないぐらい少額の寄付にとどまっちゃうかな
震災から1か月以上経って、
みんなの意識も薄れていきているのかなぁ。
寂しいような残念なような心持ちで、
帰られるお客様を見送っていました。

出口付近には、お見送りのための若い大学生スタッフたち。
ふと思いついて、そのうちの一人に言いました。
「ちょっと募金箱、、手に持ってみてくれる?」

そうしたら突然、本当に突然、
降るように、募金箱にお金が入り始めたんです。

帰るお客様が一人、お金を入れてくださると、
すぐ後ろの人も、さらに後ろの人も気づいて、
わざわざ財布を取り出して…。
あっという間に箱はずっしり重くなり、
結局、小銭はさることながら、千円札もたくさん、
なんと5千円札を入れてくれたお客様まで現れました。

おかげさまで、600人余りという比較的こじんまりした集まりでは
考えられないほどのたくさんの額の募金をちょうだいし、
無事寄付をさせていただくことができました。

「事情」とか「ついで」っていう時ももちろんあるけど、
やっぱり人の心って、「人」に一番反応するんだな――
当たり前のそんなことに、あらためて気づかされたような出来事でした。

思い出という宝物も、もしかしたら「人」を介在することで、
より蘇りやすいかもしれません。
書くのでも、一方的に話すのでもない、
誰かほかの「人」に話すという行為で、もう一度光が当たる。
そんな思い出掘り起こしのお手伝いを、
シリトリアもできるといいなと思います。
スポンサーサイト

れこりんトラックバック:(0)  コメント:(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。